危険!マッサージ中毒になりたくないなら押すな!ひっぱれ!

Pocket

「肩がこったなー」といつものように片手でグッグッと揉んだり、叩いたり、肩こり棒のような物でグーッと筋肉を押す毎日。そんな習慣はありませんか?肩がこるとマッサージをする、したくなるのは当然かと思います。
「母さんお肩をたたきましょ~」という童謡まであるくらいですもんね。気持ちいいですし、「もっと強く押して欲しい、長い時間やって欲しいな」となってくると思います。
でも、それ実はとっても危険。
「マッサージ中毒」になってしまいます。マッサージを毎日する、受けることをしないと我慢できないからだになっちゃうんですね。その理由についてこの記事では紹介します。また、マッサージはするなら押すより引っ張る方がいい。その理由についてもお伝えしていきますね。

からだには防御反応がある

びっくり

押されると逆に硬くなる?

肩こり、腰痛、背中のこり。日本人の抱える症状で男女ともにダントツ1、2位を占めるこの症状。
みなさんはどう対処していますか?
マッサージ、ストレッチ、ヨガ、低周波治療器、マッサージチェア、お風呂、整体、市販薬、、、
ざっとあげましたが、これらのことを行っているのではないでしょうか?当院に治療に来られる方で圧倒的に多いのが「マッサージ」です。肩がこるから…「自分でグリグリ棒で押してます」「嫁さんに肘でおしてもらってます」「マッサージ屋さんで1時間ガンガン揉んでもらって、翌日は揉み返しみたいになるけど気持ちいいんでいってました」などなど。
だいたいみなさんこんな感じのことをお話されます。
その時にいつも思うことがあります。「マッサージはガンガン押せば押すほど肩こりの筋肉は硬くなるのに…」と。

からだは刺激が強いと硬くなる

どういうことかというと、野球で素振りを毎日してると手にマメが出来ますよね?破れてしまってまたマメができて、どんどん皮が分厚くなります。それって、からだのすごいシステムなんですが、からだには記憶装置みたいなものがあって、強い力が繰り返し加わると次の刺激に備えてその部分を硬くして守ろうとするんです。
漁師さんの手をみたことありますか?漁師の手はごつごつしててめちゃめちゃ硬くて分厚い。投網などを引き上げたりし続けていくうちに手がマメなどで硬くなりその刺激に耐えれるようになるんですね。職人さんはだいたい皆さん手が。スポーツ選手なら踵や指の付け根が分厚くなってます。
これが手や足だとマメで済みますが、肩や背中などの筋肉だったらどうでしょうか?

強いマッサージへのステップアップへ

まっさ1
肩や背中のこりをほぐそうと、強くマッサージをすると痛くて気持ちいい感じはあると思います。そしてある程度こりは少なくなるでしょう。が、その後、からだは「次もまた強い力が加わるときにそなえてからだを守らないと!」と、今までより筋肉を硬くして巳を守ろうとします。
と、なると「あれ、また硬くなってきた。こってるんやろうな。マッサージいくか。」と、マッサージを次に受けたときに「あれ、物足りない。もう少し強く押してもらえませんか?こりがとれないような気がして…」となります。
「あー、気持ちいいです。やっぱこってますよねー」……
…その後また防御体勢に入り硬くなる→こったと感じマッサージへ→前より強く押して欲しくなる…
どんどん、どんどん強いマッサージにステップアップしてしまいます。
これが、流れになります。

肩がガッチガチのおばあちゃんは、あんまをし続けてきた

昔、僕がこの業界で働き始めたころ、整骨院にはおばあちゃんがよく来られていました。それもガッチガチに肩が硬い方ばかり。そんな方のほぼ全員が「もっと強くもんでください、ずっとあんまでグリグリ押されてきたから物足りないくらいよ」。といわれていました。
駆け出しでよくわからない僕は指がもげる、震えるくらい体重をかけて押しました…それでも「全然押されているように感じないです、肘で押してもいいですよ」と。
「え…だいじょうぶ?」駆け出しの僕でも思いました、この人のからだどうなってんだと。
僕は新人でそこのやり方にただただ従い、肘を使いまくりました。僕の肘はマメみたいなのができていました。笑
その方達は毎日のように通い、肘でマッサージを受け、電気治療をこれ以上は危ない強さの電流マックスで受けていました…
その方達に共通していたのは、「若い頃から肩こりがあってずーっと強いあんま、マッサージを受けてきたよ」。この言葉ですね。

これがマッサージ中毒です

これがマッサージ中毒、あんま中毒といってもいいと思います。
強いマッサージなしでは生きられなくなった状況ですね。もちろん、やってもらっているときは気持ちいいし、「あ~最高」と幸せかもしれませんが、その数十分後にはまた強くもんで欲しい欲望がでてきます。
たばこやお酒、麻薬などとかぶるところもありますね。依存症は決してよいことではないです。
少し過激な表現かもしれませんが、現場での体験は事実です。強く押す揉むマッサージの危険性はこういうことに繋がるということを知っておいてほしくてお伝えしていますが、マッサージを否定するわけではありません。
気持ちいいですし、リラックス効果もありますからね。問題は強く押す揉むということです。なので、マッサージをするならこうすると良いですよということを次にお伝えしますね。

マッサージは押さない、引っ張りあげる!

まっさ2

筋肉、皮膚を引っ張りあげると有効

力強いマッサージがよくないなら、どうすればいいか?それは筋肉、皮膚を引っ張りあげることです。
やり方としては…
①座っていても、うつ伏せでもいいですが、パートナーに手のひらに入る量の背中の筋肉を根こそぎつまむイメージで、引っ張りあげます。最初はこの時点で結構痛いと思います。
②そのまま、背中全体を同様に何ヶ所も引っ張りあげては離す。これを繰り返していると皮膚が赤くなってくるはずです。これで終了。
力もそれほどいらず、簡単です。
皮膚が赤くなってきたら終了としましたが、皮膚の赤みがでているということは「毛細血管」から血液が滲み出して血流が引きあがっています。引っ張りあげることで毛細血管から滲み出た血液が再吸収される時に老廃物や疲労物質などが一緒に吸収されるんですね。
そうなると、血流低下して吸収されずへばりついていた老廃物が少しづつ吸収されていきなくなっていきます。
これを続けていくと、どんどん軽さを実感してくるでしょう。ポイントはやりすぎないこと、皮膚を強くつまみすぎないことです。
肩なら自分でもできますね。背中はパートナーにやってもらうと良いでしょう。
この方法は毛細血管に直接刺激をいれて血液循環をとりもどすマッサージです。簡単かつだれでもできる効果的なマッサージ。リンパや静脈の流れも良くなりますし、引っ張りあげるだけなので冒頭でお伝えしたような筋肉を固めて防御体勢を反射的にとることもなく、安心ですね。
ただ、最初は流れが良くない方ほど痛みを感じます。でも、その後はどんどん痛みを感じなくなる上に、強い刺激を求めることはありません。体温もあがり、家族でのスキンシップもはかれ、かつ安全なので、楽しく行えますよ。

おわりに

th_th_2015821mn-46
マッサージ中毒、マッサージは押すより引っ張りあげるほうがいい理由について紹介してきましたがいかがでしたか?
意外なことばかりだったかもしれませんね。でも、僕がこの業界で経験してきた事実でもあります。
この記事を参考に、今後ずっとマッサージを受けないとたまらなくなるからだから卒業してもらうことを願っています。

著者:
 川上 健史郎
所持資格:

中学時代にヘルニアを克服し競技復帰したことをきっかけに治療家を志す。柔道整復師・コアコンディショニングトレーナー・自律神経整体・介護予防訓練士の資格を取得し、某Jリーグのユースや整形外科での治療、学生競技のトレーナー、高齢者に向けた体操教室の講師活動をしながら日々治療にあたり、今に至る。

「なるほど!」と思ったらあなたの周りの大切な人にもシェアしよう

Pocket

大阪市・Rinato鍼灸整骨院の顎関節症・顎の痛み改善の流れ

ひとりで悩んでいませんか?
・口をあけようとすると顎が痛む
・あくびを恐る恐るしかできない
・自分で体操をしてみても顎の痛みは変わらない
・話しをしていると段々顎が痛くなる
・歯医者に行ってもなかなか改善が見られない
Rinato鍼灸整骨院では、まずあなたにお身体の状態を知っていただいた上で、根本的な原因を改善する方法をご提案し、再発しないよう生活習慣・セルフケアの指導をいたします。
当院は病院のお医者様や看護師さんといった医療関係者の方や、整体院や整骨院の先生もお身体のメンテナンスのために頻繁に来院される「プロも認める整骨院」です。